刻の涙を見てきました

面白かったです。

Ζを観たことある人もない人も楽しめる作品になっていたと思いますよ。


しかし劇場でGジェネやりながらゲームでのパラメーターでガンダムを語るリア厨は死んで、お願い。

あと「もっと戦闘シーンを詰め込んで~」とか言ってる奴も。


いやまあ、アニメってのは娯楽なんですから、派手なドンパチやって視聴者を楽しませるのは正しい事だって判ってますよ?

判ってますけど、ニュータイプの、言葉や視覚を飛び越えて誤解なく相手を理解する能力に心惹かれる人間としてドンパチばかり語られても
「うっせバーカ、死ね!!」(CV:生天目仁美)なわけですよ。


というわけで「戦闘シーンをもっと減らしてキャラの内面ややり取りを増やして欲しい」という方向性をワタクシはここに提示いたします。


具体的にいうなら軟禁されてくさってるアムロがカラバに参加することを決意するまでの描写を大量投入とか。


あー、あと新作カットのMSの動き見て「種臭さはあるけどまあかっこいいんじゃネーノ?」
って思って恩田さんを見直しましたがEDのスタッフロールよく見たらメカ作監は別の人なんですね。

というか恩田さん、僕もあの絵はアウトです。

もう少し旧作の雰囲気に似せてもバチは当たらないと思います。


[PR]
by nakayamasky | 2005-05-30 02:11
<< 三セット目 富野御大舞台挨拶 >>